MENU

カードローンにはどんな返済方法があるのか

カードローンを利用する場合に返済方法にはどのような方法があるか疑問になる事があると思います。

 

一般的なカードローンの返済方法は毎月決められた返済日に一定金額を支払うという返済方法になります。毎月決められた支払い日を約定日といい、約定日に返済する事を約定返済と呼びます。

 

多くのローンやクレジットの返済方法に約定返済が採用されています。約定返済の逆の返済方法が随時返済と呼ばれている返済方法になります。

 

しかし、債務者が全て随時返済を返済方法に選ぶと賃金業者が経営する事が難しくなるのでローン返済は全て約定返済が基本の返済方法となっています。

 

約定日について

 

約定日は基本的に金融期間が決める事になっています。しかし、カードローンの返済の場合は契約をする時に利用者が任意で決める事が出来る場合もあります。返済期間は35日周期など、返済の期間を利用する人に合わせて決める事が出来る約定返済を行える事もあります。

 

約定返済の支払いだけでは借入残高を予定より減らす事が出来ない事もあります。随時返済の1つで余裕のある時に繰り上げ返済を行う事で借入残高を減らす事が出来ます。

 

カードローンを利用する時は約定返済と随時返済を上手に利用する事で負担を感じる事なくカードローンを完済する事をオススメします。

 

リボ払いの返済方法

 

カードローンではリボ払いという返済方法を利用する事で毎月決まった額を返済しながら随時返済でさらに元金を減らす事も出来ます。カードローンの返済は基本的には約定返済で支払う事になりますが、随時返済を同時に利用する事で金利を抑えながら返済する事が出来るようにしましょう。

 

カードローンの返済をする時に千円以下の端数が出る場合があります。この場合は口座振替で返済をしていると千円以下の端数をちゃんと引き落とす事が可能となっています。

 

ATMでの返済方法

 

ATMで返済をするという方は硬化を取り扱っているATMで返済するしか方法がありません、金融業者によっては支払いの期限を設ける事なく再び利用する時に精算するという会社もあります。

 

カードローンを利用する場合は計画的に返済し、完済出来るようにする事が大切になります。