MENU

カードローンの支払いを延滞した場合はどうなるの?

カードローンを利用していて返済期日にATMからの支払いが出来なかったり、引き落としに指定した銀行口座の残高が足りなくて引き落としが出来なかったりといった理由で返済が出来ていない状態を滞納といいます。

 

もし、滞納してしまった場合、カードローン会社によって異なりますが、銀行のカードローン会社は保証会社から、銀行系の消費者金融はその金融会社から支払いが未確認通知と入金の案内のハガキや種類が郵送されて来ます。

 

場合によっては携帯電話などに直接電話がかかってくる場合もありますが借り入れをしている会社が大手のカードローン会社であれば電話での厳しい催促はありません。

 

3ヶ月滞納するとブラックリストに登録される

 

返済期日に支払いをする事が出来ずに滞納してしまうと借入先の金融機関や金融業者、個人信用情報の中で滞納した事があるという事が記録されてしまいます。

 

金融取引で返済等で延滞したトラブルを事故情報といい、ブラックリストと呼ばれる事があります。延滞や滞納等による事故情報は最終取引から5年から10年で時効となり情報が消えます。ブラックリストに登録されるのは返済を3ヶ月滞納すると登録される事になります。

数回程度の滞納なら考慮してもらえる場合が多い

 

1回から3回ぐらいの延滞であれば事情によって支払いが遅れたと考慮してもらえる会社が多いようです。数日ぐらいの延滞の場合はそこまで心配をする必要はありません。

 

ただし、延滞等で支払いが何度も遅れてしまうとカードローン会社から信用されなくなってしまい、最悪の場合借り入れを利用する事が出来なくなったりして返済専用のカードになってしまう事もあるので注意してください。

 

返済滞納すると遅れた日数分損害金が発生

 

返済を滞納してしまった場合は遅れた日数分の遅延損害金を支払わなければいけなくなります。カードローンの遅延損害金は銀行系、消費者金融系も一律20%になります。

 

しかし、三菱東京UFJ銀行カードローンとオリックス銀行カードローンの場合は借入利率によって遅延損害金の利率が変わってきます。三菱東京UFJ銀行カードローンの場合は最高金利が適用される金額を借入れても遅延損害利率は最大14.6%となるので最悪の場合の事を考えると三菱東京UFJ銀行カードローンを利用する事がいいのかもしれません。