MENU

カードローンの返済に困ってしまったら?

カードローンは申込者の審査内容によって利用限度額が変わってきますが、小口の金額から大口に金額まで借入することが可能となっています。

 

借入金額が大きくなってしまったり、複数のローンを利用している場合には返済がきつくなってしまう場合もあるでしょう。返済できなくなってしまうととても困ってしまうことになります。

 

そのようなことになった場合、どうやって対処していけばよいのでしょうか?

 

予定外で返済に間に合わなくなりそうならカード会社に相談

 

例えば入金されるはずだったお金が遅れていてカードローンの返済に間に合わなくなってしまう、などといった場合には返済できる時になったら返済すればいいか、と思わず、遅れるとわかった時点でカード会社に連絡を入れるようにしましょう。

 

連絡を1本いれるだけで印象が変わりますのでもし遅れてしまう場合には必ず連絡をいれるようにすると良いです。返済日を無視するような行為を行うと、電話やはがきなどでも督促が行われてしまいお互い時間と手間がかかってします。

 

また嫌な思いをしてしまうこともあります。お金の貸借りは信用の上で成り立ってるので誠意を見せ相談することも大切なのです。

 

借換えやおまとめローンを利用する

 

もし、返済が厳しいのが1回だけというわけではなく、借入ている金額すべての返済が難しくなってきたと感じるようであれば、借り換えやおまとめローンを利用する方法もあります。

 

今借入しているカードローンよりも金利の低いカードローンに借り換えしたり、また複数のカードローンを利用していて返済金額が膨らんでしまった場合は、これらを一本化し1つの金融機関からまとめて借入するという方法もあるのです。

 

このように1つにまとめることが出来ると金利が低く設定できるようになり、利息も減ることになるので返済金額が少なくなってきます。そうなると毎月の返済額も少なくなるので返済のめどを立てることができやすくなるのです。

 

もしカードローンの返済が厳しい!と思うようなことがあった場合には逃げ出すことを考えず、まずは金融機関に相談してみましょう。