MENU

即日融資で利息の過払い金がありえるケースとは?

テレビなどで、利息の過払い金に注意をうながすコマーシャルを見たことがある人も多いと思います。

 

このような警告を見てしまうと、消費者金融や即日融資などのサービスに対して不安をおぼえてしまう人もいるかもしれませんね。

 

しかし現在では、消費者金融はとても安全に利用できるものとなっているのです。

 

グレーゾーン金利時代に融資を受けた場合は要注意

 

かつては利息の過払い金といったトラブルも、消費者金融の利用においてよく報告されていました。しかし平成18年に行われた貸金業法の改正などにより、現在では安全な利用することができるようになっているのです。

 

これ以前では、たとえ法律に定められた金利の上限を超えていたとしても、刑罰の対象にはならなかったのです。そのためグレーゾーン金利として、違法でありながら堂々と採用しつつ、過払い金の返金対象にもならないという状態が横行していたのです。

 

貸金業法改正以前の明細をチェックしよう

 

平成18年の改正の前後で、消費者金融は大きく対応を変えることが迫られました。これ以前に融資を受けていた人は、ぜひ明細などを改めて確認してみてください。

 

仮にすでに所有していなかったとしても、業者側に利用履歴の情報開示を求めることもできます。完済から10年経つと過払い金も無効になってしまうので、すみやかに行いましょう。